浄化から始まった「赤い太陽の月の年」

13の月の暦では、2014年7月26日から「赤い太陽の月の年」が始まりました。
「太陽の」(銀河の音9)には、意図・脈動させる・実感する
「赤い月」(太陽の紋章)には、普遍的な水・清める・流れ
というキーワードがあります。

私の誕生日のKIN216「黄色い銀河の戦士」のウェイブスペルが赤い月ということもあり、
今年は自分にとって大きな浄化がやってきそうだと思っていたら、
ちょうど7月26日を迎える数日前から熱が出て
一週間以上も咳が続くという風邪をひいてしまいました(汗)

普段、健康だけが取り柄の私にとって
今回の風邪はこれまでの人生で一番長引いた風邪となりました。
昼間はわりと楽なのですが、夜になるとゴホゴホと立て続けに咳が出て
ほとんど眠れないという日々が続き、
横になると咳が出るので寝ることへの恐怖感まで出てきてしまいました(汗)

でも、薬は使わずにホメオパシーのレメディとヴックスドロップだけで なんとか治りました!
(特に今回の風邪は薬で抑えるのではなく、完全に出し切った方がいいような気がしたのです)

健康なだけで身体は楽だし、やる気が起きるし、なんでもできる気がする!
そういう感覚を普段忘れていたので、つくづく健康のありがたみを感じました☆

ちなみに、夜中に咳が止まらなくなった時に効いたのは
フォスフォラスのレメディ と ヴィックスドロップ でした。
レメディを先に口に入れて、完全に溶けたらヴィックスドロップをなめると すぐに熟睡できたので助かりました
(レメディは体質や咳の性質などによって適合するものが違うのですが、
今回の私のケースにはこれが一番効きました)

あと、妊娠中に使ったことがあるお灸も試してみました。
風邪や咳に効くツボにお灸をすると、
咳が軽くなって身体感覚がふわっと楽になりました♪

そして、最終段階でまだ心身疲労が残っている時に
バッチフラワーエッセンスのオリーブを摂ってみました。
これは元気・活力を与えるエッセンスなのですが、
特にお風呂に5〜7滴くらい入れたら、身体がスッキリ軽くなっていい感じ☆
一緒に入った息子も「すっきりする〜!」と言っていました^^
夏バテやハードワークにもいいそうです。
バッチフラワーレメディ オリーブ 10ml
B001NOWDAC

今年の夏前半は、夫と息子の風邪に続いて私も風邪を引き
家族そろって浄化祭りといった感じですが、
回復した後は、どこか生まれ変わったような新鮮さを感じます。

皆様も体調には気をつけて、どうぞお元気で夏をお過ごしくださいね☆

hanabi
↑7月26日に開催された、淡路島・慶野松原の花火大会。
まるで13の月の暦のニューイヤーを祝うかのようなタイミングでした☆


Categories: インスピレーション, ホメオパシー | 投稿者 arciel | 11:02 | コメントはまだありません

展開していくままに任せる

台風が通り過ぎた2日前の夜中。
あまりに大きな風音に目が覚めて眠れなくなったので
全身にレイキをしていました。

頭から順にレイキを流していき、
みぞおちの部分に手を当てていたら
ふと、そこに太陽があると感じました。

その太陽がさんさんと光り輝き
明るさを増していく様子を思い描きながら
ただひたすら手を当てていたら
はっと気づきました。

誰もがこの太陽を持っていて
そこにホログラムのようにいろんな可能性が折り畳まれている。
それを開いて、ただ自然に展開していくままに任せればいいんだ。
本のページがめくられて物語が展開していくように。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 

ちょうど数日前に映画「コン・ティキ(KON-TIKI)」を観たのですが、
そこでも同じようなことを感じました。

ポリネシア人の祖先が、南米から海を渡ってきた古代南米人であるとの仮説を立てた
ノルウェーの学者トール・ヘイエルダール。
彼は自説を証明するため、1500年前と同じ材料を使っていかだを作り、
5人の仲間たちとペルーからポリネシアへ向かう航海に挑みます。

8000kmに渡る航海中、いかだは予想に反して北上を続け、
嵐にあったり、サメに襲われたりと不安要素がMAXに。
あまりの恐怖に思わぬ行動をとってしまう仲間もいる中、
ヘイエルダールだけは古代の先人たちの智恵を信じて
ただひたすら「大丈夫だ」と繰り返します。
一旦、南赤道海流に乗ってしまえば後は自動的にポリネシアに着くからと・・・

この話が、1947年に実際に行われた航海だということに驚かされます。
航海中、恐れにかられた仲間たちに彼は何度も言っていました。
「大丈夫だ。俺を信じろ」と。
(日本語で書くと熱血な感じがしますが、映画の中でのトールは爽やかに語っていました^^)

自分を信じて、楽観的であること。
大きな海流に乗って、自動的に物語が展開していくに任せる鍵は
ここにあるのかもと感じました。

とてもいい映画なので、ぜひおすすめします☆

コン・ティキ [Blu-ray]
B00H9602FQ


Categories: インスピレーション, 映画 | 投稿者 arciel | 11:57 | コメントはまだありません

夢が教えてくれること

夢は現実より少し先を行っている!と感じたことがありました。

まず、先週の木曜日にこんな夢を見ました。
「パートナーが六本木に古民家を改装した家を造っている。
その家のすぐそばには空港があり、
新潟の実家に飛行機で帰ることもできるようになっていた」

なんだか発想が新しくて、これまでにない夢のタイプだったので、
とても新鮮な感覚がありました。
(そもそも、私の夢に家族が登場することはめったになく、
だいたい友人か好きなアーティストか外国人なんです^^;)

そして、その夢を見た2日後の土曜日のこと。
ある方と話したことがきっかけで
これまでなかなか具体的に見えてこなかったことが
急に霧が晴れたように目の前に道が開けてきたのです!

現実は何も変わっていないのに
全く見えていなかった可能性がすでにあったこと。
まさに盲点を突く斬新な発想でした☆
あの夢は、この感覚がまもなくやってくることを予知していたのかも!?

夢の解釈方法はいろいろありますが、
一番大切なのは「夢を見た後にどう感じるか」。
その感覚が、夢という広大な宇宙からの大切なメッセージだと思います。

いつも大事なことは夢が先行して教えてくれるのですが、
今回もまさに夢からの感覚が現実となった瞬間でした。

朝、夢から目覚めた時にどんな感覚があるか・・・
その感覚を大切にすると、
思いがけない恩恵が得られると思います☆

(ちなみに今朝は、爆睡中に息子から起こされて、何の印象も覚えていない〜(汗)
そんな時ももちろん多いです^^:)


Categories: インスピレーション | 投稿者 arciel | 12:55 | コメントはまだありません

すべてはつながっている

最近、Facebookなどの投稿で
友人たちと自分の起こっていることがシンクロしていることが多くて
びっくりすることがよくあります。

いただきもののスイーツが全く同じだったり
ちょっと気になることがあって調べようとしたら友人がその情報をUPしていたり・・・
それはほんとに些細なことなのですが、
身近な人たちの間でもこんなに頻繁なのだから
世界中で見たらどれだけ多くのことがぴったりのタイミングで起こっていることか!

すべてがつながっていて、共振的にいろんなことが起こっているー
つくづくそんなことを感じていたら
借りてきたばかりの海外ドラマでもまさに同じことを語っていました。

「フィボナッチ数列のパターンは自然界に多くある。
波の曲線、巻貝の螺旋、パイナップルの鱗片・・・
宇宙はすべて比率とパターンで成り立っている。
我々の目には見えないだけだ。
見えれば人生は魔法のように輝き出す。

量子がもつれ 原因も結果もなく
あらゆる物や人間が影響し合う世界。
動作や呼吸 そして意識
全てがつながっている。
それはさぞ美しい世界だろう」

これは、海外ドラマ「TOUCH」の第一話で
ある研究所の男性が主人公マーティン(キーファー・サザーランド)に語る台詞です。

当初、別の海外ドラマを見始めていたのですが
すべてレンタル中だったので、これにしようかと何気なく手に取ったDVD。
ストーリーも、「24」のようなスリルあふれる捜査ものかなと想像していたのですが、
世界全体で人々が見えない糸のようにつながり合い、
シンクロが何層にも重なって関わり合いを持っていくというストーリで驚きました!
まるで宇宙がこのタイミングで引き合わせてくれたようなドラマなので
ぜひ続けて観ようと思います♪

それにしても、一つ意識を向けると
それにつながることがどんどん展開していくので鳥肌が立つほどです。
しかもその展開のスピードが最近ますます速くなっているような・・・

自分の意図と意識をどこに向けるか、
無意識でなく意識的でありたいなとしみじみ思います☆

TOUCH/タッチ DVDコレクターズBOX1
B00FA1EDU2

Categories: インスピレーション | 投稿者 arciel | 12:23 | 2件のコメント

新しい波に乗っていく

2014年の元旦は新月&グランドクロスで始まりました。
そのせいか、今年は新年早々新しいことをすることが続いていて
気がつくと、一年前の自分からは想像もしなかったようなことをやっていました。

例えば、
ミシンを買ってカーテンを作ってみたり
車の運転をするようになったり、
(全然たいしたことではないのですが、自分にとってはかなり大きなチャレンジでした^^;)
これまで「苦手だからこれだけはしたくない〜!」と思っていたことに
なぜか自然と取り組むような流れになっていったのです。

そして最近、また新たなことにチャレンジする流れがやってきました。
それは「IELTSを受験すること」。
これもかなり前に問題集を買っていたのですが、
手つかずのまま放置していてあっという間に早3年。
それが最近自然と流れがやってきて、
突然やろう!という気持ちになったのです。

ところがしばらくしたら、なぜか気分が落ち込んできました。
年明けから不慣れなことに取り組んできたせいか(?)
慣れたパターンに戻ろうと昔の自分がささやいているようです。

内面の葛藤を抱えて数日・・・
ようやくここにきてまた「やろう!」という気分になってきました。

折しも明日の4月23日は活動宮でのグランドクロスがピークを迎えます。
グランドクロスとは、占星術のホロスコープ上で惑星が十字を描く配置になること。

astro_2gw_23_tokyo.3727.16093

牡羊座の天王星
蟹座の木星
天秤座の火星
山羊座の冥王星
がそれぞれ13度の角度で向かい合います。

13度!
それは、12という安定を超えて変化へと進んで行く数字。
これまで変化を拒んでいたことが動き始めるタイミング。
活動宮での13度という数値は、予期せぬ変化とともに
新しい流れが加速していく感覚があります。

さらに来週4月29日は南極での金環日食もあります。
意識の変化がここに来て新しい中心を見つけるような、
そんなイメージがわいてきます。

今、いつもと違う気分や体調の変化があったりしたら、
潜在意識レベルでの大きな変化が起こっているのかもしれません。
頭で判断せずに、直観に従って波に乗っていくと
いつの間にか新しい地平線が見えていそうな気がします☆

Categories: インスピレーション, 占星術 | 投稿者 arciel | 12:00 | コメントはまだありません

地球のペンダント

「運命の出逢い」って、こういうことなのかもしれない。
そんな出来事がありました。

数日前、何気なく開いたfacebookのページに
お友達のまみさんが作成中のペンダントの写真をアップしていました。

「地球のペンダント」というその石は、
ターコイズブルーとグリーンの色が海のように美しい、地球そのままの姿をしていました。
その写真を見た途端、ハートがドキドキと高鳴ってきました。

普段、めったにアクセサリーや石は欲しいと思ったことがないのに
このペンダントにはなぜか反応して、無性に気になって仕方ないのです。

その後、まみさんが完成写真をUPしてくれると
もういてもたってもいられなくなり、
即「購入できますか?」とメールを送っていました。

すると、「作りながら直子さんにプレゼントしたいと思っていた」という返事が!!!
その石はショップには出さず、必要な方のところにお迎えしていただきたいと思っていたとのことでした。
作成中に石からメッセージも来ていたそうで、
その内容などから私が迎えることになったらぴったりくると感じてくれていたそうなのです!
もうお互いにびっくりしてしまいました☆

そして、昨日その石が私の手元に届きました。

earth&moon1
「地球のペンダント」
ターコイズブルーの石はクリソコラ、上部の白い石はムーンストーン、
ひもの先端にはスモーキークォーツがついています。

ペンダントを眺めていたら、「やっと会えた」という感じがすごくしてきて、涙があふれてきました。
どうしてこんなにも感情が動くのかわからないけれど、
見つめていると涙がとめどなく流れてくるのです。

かなり遠い昔にこの石と縁があったように感じ、
長い時を経てこうして出逢えたことが嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。

首にかけてみると、呼吸がとても楽になって、気持ちが安らいできました。
ずっと足りなかったパズルの1ピースがピタッとはまったみたいな、
まるで自分の分身のようにも思えてくるほどです。

遠い昔、海に沈没したレムリア大陸・・・
不思議とその頃とつながっているような感覚がわき起こるのですが、
まだはっきりとは思い出せない。
ただ、この石はその頃の出来事と何かしら関係しているように感じます。

これからゆっくりと、この石と対話していきたいと思います。
運命の出逢いを導いてくれたまみさんに心から感謝です☆

earth&moon2
まみさんが一緒に贈ってくれた貝のお皿とさざれ石の上で。

まみさんの天然石アクセサリーのHPはこちらです*^^*
素敵な石がいっぱいです。ぜひご覧になってみてくださいね♪

Categories: インスピレーション, スピリチュアルライフ | 投稿者 arciel | 15:14 | 4件のコメント

2014年、全く新しい体験へ☆

2014年が明けて早くも9日目となりました。
今年もどうぞよろしくお願いします☆

この年末年始は、ひたすら「初めてのこと」ばかりが続く日々でした。
淡路島で過ごした最初の年末年始ということもありますが、
友達親子が泊まりに来てくれたおかげで
生まれて初めて大晦日の深夜から元旦にまたがる「二年参り」を経験しました♪

oshogatu1
元旦のo:ooジャスト、伊弉諾神宮で初詣が始まりました。
神社でのカウントダウンは盛り上がります〜!
子供たちもいつにない雰囲気で深夜にもかかわらず元気いっぱいでした^^

oshogatu2
二年参りから戻って少し眠った後、家の前で初日の出を拝みました。
徐々にゴールドに染まっていく空が美しかったです☆

翌日、「淡路人形浄瑠璃」を観に行く友達親子を案内するため
私たちも一緒に福良港へ。
友達を見送ってから福良港をうろうろしていたら、お餅つき大会が行われていました!

oshogatu3
声をかけられ、餅つきに参加するパートナー。
新年早々つきたてのお餅のふるまいに出会って感動でした☆

お餅でお腹が満たされた後は、隣の足湯コーナーへ行ってみました。
osyogatu4
シーズン中は満席でいつも素通りしていたのですが、
その日は比較的空いていてじっくり手足を温めることができました♪
初足湯、最高です☆

その後も「初めて」体験は続き、
初夢で裸族になっている夢を見たり(!)
人生で初めてミシンを買ってミシンの面白さを新発見したり、
(中学時代から引きずっていたミシントラウマは一体何だったのか・・・)
手作りコスメを作ってみたり、
スペイン語の勉強を始めたり・・・
なぜか2014年は初めてのことばかりで始まっています。

osyogatu6
↑ミツロウとホホバオイルのクリーム。
淡路産のミツロウが手に入ったので自己流で作ってみました^^

新年から特に強く感じるのですが、時間の流れが大きく変わっているみたいです。
過去からの直線的な流れではなく、
今ここから放射状に、段階をふまえずにいきなり飛び越えていく感じがします。

この、予想を超えた全く新しい感覚に早くもワクワクしています♪
新しい自分に新しい体験をさせてあげましょう〜^^
2014年、皆様にとって素晴らしい発見の年となりますように☆

Categories: インスピレーション, 淡路島暮らし | 投稿者 arciel | 12:14 | コメントはまだありません

空に浮かぶ地球

今朝、とても印象的な夢を見ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私はどこからか淡路島に向かう途中。
バスに乗ろうとすると、すでに満員のようです。
そこで次のバスを待とうとしたら、
「今日はシャチが大量に来るので、今すぐ行った方がいい」と
なぜかTOKIOの国分くんに言われて、満員のバスに乗り込みます。

前が見えないほどの急な坂道をジェットコースターのように下ると、
バスは海岸の砂浜を走っています。

「こんなところを走れるんだー!」とびっくりしていると
空に鮮やかなターコイズブルーと緑色に輝く地球が浮かんでいるのが見えました。
月の10倍くらい大きく、生き生きと光を放っています。

それがあまりにも、あまりにも美しくて、
涙がとめどなく流れてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・

目が覚めてから窓の外を見ると、とても穏やかな空が見えました。
うろこ雲の秋の空。

私は今この地球にいるんだなぁ。。。

sora

☆シャチのこと、よく知らなかったので調べてみました。
シャチは、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属の唯一の種で、
イルカの仲間では最大の種。
単体、または数頭から数十頭ほどの群れ(ポッド)を作って生活し、
非常に社会的な生活を営む。
それぞれの群れは、その家族独自の「方言」とも呼ばれるコールを持ち、
それにより情報を互いに交換し合っている。
ある特定の海域では年に1回、いくつもの家族が100頭以上の群れを形成する
「スーパーポッド」という行動も知られている。
(Wikipediaより)

Categories: インスピレーション | 投稿者 arciel | 09:49 | コメントはまだありません

2013年7月26日からの新しい始まり

毎日暑い日が続いていますね〜!
昨日(7月24日)は息子の通っている幼稚園のイベントで、
園児たちと一緒に近くの浜でゴミ拾いと海遊びをしてきました^^

「13の月の暦」では、今日(7月25日)の「時間を外した日」をはさんで
明日2013年7月26日から新しい一年が始まるので
新しい年を迎える前に海のお掃除ができたのは
大晦日の大掃除みたいでちょうどいいタイミングでした♪

この「13の月の暦」とは、マヤ暦を研究されていたホゼ・アグエイアス博士が提唱した暦で、
毎年7月26日から一年が始まります。
私はこの暦にそれほど詳しい訳ではないのですが、
「13の月の暦」を7年ほど前から愛用していて
特に260日周期のツォルキン暦(13の月の暦に組み込まれています)は
意識すればするほどぴったりと宇宙の流れとのシンクロが感じられます。
(13の月の暦は「こよみ屋」さんのサイトで購入できます♪)

特に今年の7月26日は「銀河の同期」という重要なポイントに当たります。
これは1987年の「ハーモニック・コンバージェンス」に植えられた種が
26年を経て芽の形となるタイミングなのだそうです。

1987年の「ハーモニック・コンバージェンス」とは、
ホゼ博士の呼びかけにより1987年8月16、17日に行われた催しのこと。
これは、世界規模で行われた平和を願う祈りと瞑想の催しで、
世界各地の聖地に144,000人を超える人々が集まりました。

2013年から始まる銀河のマヤ』(秋山広宣・はせくらみゆき共著)によれば、
この時に世界規模の調和的な意識の波が銀河に発信されることで
銀河に調和の種が植えられました。
それから25年後の2012年12月21日の冬至は
その種が土の中から出てくるタイミング。
そして、2013年7月26日から始まる新しい年「黄色い銀河の種の年」は
銀河に植えられた種が芽の形になる年だそうです。

天体の配置から見ても
1987年8月16、17日の「ハーモニック・コンバージェンス」では
水星、金星、太陽、火星、天王星、海王星、木星がいくつものグランドトライン(正三角形)を形成していました。

そして、2013年7月26日も
木星、火星、水星、土星、海王星、月、カイロンがいくつものグランドトラインを形成し、
しかもすべて水のサイン(蟹座、蠍座、魚座)で形成されています。
水のサインが象徴するように、思考を越えた直観や内なる感覚に従って
周りの環境(人や自然、宇宙全体)と調和して生きていくエネルギーに満ちているように感じます。

最近、特に7月21日から、
特に何の理由もなくワクワクする波がフワーっと来ることがあるのですが
それがこのエネルギー(宇宙からの波動)なのかも?!

それでは、明日からの新しい始まりをともに体験していきましょう♪

2013年から始まる銀河のマヤ―マヤカレンダーと宇宙の叡智
秋山 広宣 はせくら みゆき
4434174045

Categories: インスピレーション | 投稿者 arciel | 12:28 | コメントはまだありません

淡路島暮らしを決めるまで(6)完結☆

思いがけず送っていただくことになった一つのアート作品がきっかけで、
最初の奇跡的な出会いが導いてくれた倉庫のお家にしよう!という気持ちが固まってきました。
それでも、朝目が覚めるとまだ何かがひっかかる感じがします。

ちょうどその頃、パートナーのお箸が一本見当たらなくなったり、
自転車の鍵が忽然となくなるという
ちょっと気になることが立て続けに起こっていました。

これは何か見逃していることがあるに違いない!と直観的に思ったのですが、
それが何かはっきりしないまま数日が過ぎていました。

そんな2月も終わり頃のある日、お友達がセッションに来てくださいました。
セッションが終わって、お茶を飲みながら話をしている中で、
住吉大社に行きたいけどなかなか行っていないという話題になりました。

そう言えば、今年はまだ一度も住吉大社にお参りに行っていなかった!

大阪に引っ越す前、家を探している最中に住吉大社にお参りに行ったら
その直後にいい物件に出会ったこと。
引っ越し後、しばらくはちょくちょく住吉大社にお参りに行っていたのに
今年は初詣に七福神巡りをして、住吉大社に行かずじまいになっていたことを思い出しました。

善は急げ!すぐ住吉大社に行こう!

そこで、パートナーと自転車で幼稚園にお迎えに行き、
その足で住吉大社に向かいました。

大きな太鼓橋を渡りながら、2011年11月に初めて住吉大社に来た時のことを思い出しました。
当時、橋を怖がって抱っこをせがんでいた息子も、今は元気に一人で橋を渡っています。

お参りをする前に、手水舎でお清めをしようとしたとき
手に取ったひしゃくに目が釘付けになりました。

なんと、そこには寄贈者として
倉庫のお家の大家さんと同じ名字が書かれてあったのです!

住吉大社にバシッと太鼓判を押されたような気がして、
倉庫のお家に引っ越すことへの迷いが一切なくなりました。
住吉さん、ありがとうございます☆

皆でホッとして家に帰ると、テーブルの上に一本のボールペンがありました。
それは、半年くらい前になくなっていたボールペンではありませんか!
まるで何かを気づかせてくれるために、かくれんぼをしていたみたいです。
もしかしたら淡路島に引っ越した後で、なくなったお箸や鍵が出てくるのかも♪

(3/22 14:25追記:
物件の契約をした翌日、このブログを書いた後でなくなったお箸が出てきました!
ほんとに不思議なことってあるものですね☆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という訳で、
予想以上に長くなってしまった「淡路島暮らしを決めるまで」シリーズは終わります。
読んでくださった皆様、ありがとうございました☆
また、こうして振り返ってみると、
淡路島暮らしを決めるまでに実に多くの方々にお世話になったんだと改めて感じました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

引っ越し後は、淡路島での生活や日々の気づきなどを綴っていきたいと思いますので
今後ともよろしくお願いいたします♪


昨日(3/21)の淡路島からの帰り、明石海峡大橋からの夕陽。
津井の大家さんのお家でランチをごちそうになり、
物件の契約をしてきました。
いよいよ来月から新生活が始まります♪

Categories: インスピレーション, 淡路島暮らし | 投稿者 arciel | 09:55 | 6件のコメント