赤ちゃんが導く両親の出会い

昨夜、息子(4歳)と一緒にお風呂に入っていると、
息子が唐突に聞いてきました。
「ねぇ、ママ。ケッコンってなあに?」

え、どこかで結婚って聞いたのかな?と多少戸惑いつつも
「男の人と女の人が好きになって、一緒に暮らそうって決めることだよ。
パパとママも結婚したんだよ」
と答えたら、
息子はしばらく考えて
「ボクも前にケッコンしたことあるやんな?」
と言うのです。

「・・・(?)ななちゃんもパパとママと結婚したってこと?」
と聞くと
「そう!」と言います。
「そうだね、3人で結婚したんだね」
と答えたら、息子は満足そうにまたじょうろで遊び出しました。

この言葉を聞いて、以前東京賢治の学校のプレ幼稚園に通っていたとき、
「子どもが両親の出会いから関係している」と伺った話を思い出しました。
やはり息子は空の上から私たちが出会って結婚するまでを見守っていてくれたのかな・・・

すると今朝Facebookを見たら、悦月さんの投稿に驚きの画像が紹介されていました!

ミューズの最新シングル「フォロー・ミー」の­ビデオクリップなのですが、
(感動します!)
これを見て改めて、
赤ちゃんは両親となる男女を結びつけてくれる存在なんだ!と確信しました。

ななちゃん、ありがとう☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自然界と宇宙の意識は、
あらたに生まれた赤ちゃんを、
自主独立した君主、王として認識する。
彼は天使のように純粋でしみひとつない存在。
まだ宇宙とつながり、開いたままの種に、
宇宙は膨大な量の情報を奔流のように与える。
だからあらたに生まれた赤ちゃんには、
神にも似た、宇宙で最も賢い存在になれる能力が備わっている。
・・・(中略)・・・
両親のやるべきことはただひとつ、
純粋で自然なこの宇宙のことを彼にねじ曲げて伝えたり、
宇宙の最も完璧な創造物から彼を切り離したりしないこと、
ただそれだけ」
(「アナスタシア」p.156-157より)


Categories: インスピレーション, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 11:47 | コメントはまだありません

ハッとさせられた子供の一言

天気の動向や宿泊するホテルの部屋の階数を当てるなど、
息子のサイキック能力(?)は以前から何かと役に立っていますが、
4歳になってからはハッとするような言葉を発することが多くなりました。

先日、ある仕事の件で私が悩んでいて夕食中にパートナーとあれこれ話をしていました。
するとさっきまで黙っていた息子が一言、

「何もしなくていい」

とキッパリ。

こうしたら、ああしたら、と行動ばかりを解決方法として挙げていた私たちは
この息子の一言でハッと気づかされ、思わず大笑いをしてしまいました。
笑ったらもうこの悩みはどうでもよくなって、
息子の言う通り、こちらからは何も行動を起こさなくていいや〜♪と気楽な気分に。

そしてホッっとしたところでお皿を洗っていたら、
息子がやってきて
「ママは何もしなくていい。お仕事もしなくていい。
なんでも遊んでいいんだよ」とさらに押しの一言。

え、そうなの!?と驚きながらもじーんと癒される私。
中学生くらいから「遊んでばかりはいられない、やるべきことをしなくちゃ」って意識がいつもどこかにあったのです。
「ただ遊ぶだけでいい」ってこの言葉を、魂の奥底でずっと待っていたのかもしれません(涙)

ただし「パパはパソコンのお仕事、ななちゃん(自分)は調べ物のお仕事、ママは遊んでいいんだよ」とのこと。
あ、全員遊んではダメなのね^^;

その後、ブロックで遊び出したものの、うまくいかずに真っ赤になって怒っていた息子。
あまりの怒り具合に
「さっきはすごく怒っていたね〜あんなに怒らなくてもいいのに」と言うと、

「人は怒るさ。怒ったり笑ったりするさ」

と息子。
またもや4歳児の名言にハッとさせられました。
そうだよね〜怒ったっていいよね、人間だもの。

これくらいの年齢の子供は脳波が常時シータ波になっていると言われますが、
まさに頭で考えたのではない、直観からの言葉に目が覚める思いです。

普段は甘えん坊な上にやんちゃで手に負えない息子ですが、
時々ふともらす言葉に真実が含まれていてびっくりします。
今日も気づきをありがとう☆


Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 15:42 | 5件のコメント

息子に学ぶ引き寄せマジック☆

普段、我が家では息子にほとんどおもちゃを買っていないのですが、
なぜか息子のおもちゃはどんどん増えていきます。
ミニカーに電車、飛行機、あげくの果てにはレゴブロックまで!
気がつくと、いつの間にか彼のお気に入りは増えているのです。

息子はとにかく乗り物が大好き!
普段の遊びはもちろん、夢にも乗り物がほぼ毎日出てくるくらいの
好きっぷりです。

○○がほしいと願い事をするわけでもなく、
ただ「大好き!」という思いだけがあって、
それに宇宙が応えて息子の前に差し出してくれているみたい。

ちなみに、最近息子が手に入れた車はこちら↓

左から、
ニュージーランドのキャンプサイトで拾ったレーシングカー、
幼稚園の遠足で行った天王寺動物園で見つけた車、
帝塚山音楽祭のフリマでおまけにいただいたレーシングカー。

ただ「大好き!」とか「めっちゃ楽しい!」という気持ちが
一番シンプルで強力な引き寄せマジックなんですね〜☆


Categories: インスピレーション, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 11:49 | コメントはまだありません

シュタイナー幼稚園の食前のお祈り

息子がくすのき園に通うようになってから早1ヶ月。
最近では息子の話し言葉に少しずつ関西弁が混ざってくるようになりました。
(そのうち、息子から関西弁を教えてもらうことになりそう^^;)

昨日の夕食の前、いただきますをする時に
たまたま私がシュタイナー幼稚園での食前のお祈りの冒頭を唱えたら、
その後息子がすらすらと最後まで唱えたのでびっくり!

後半部分は私もうろ覚えだったのですが、
聞いていたら胸が熱くなってきました。
とても素晴らしいお祈りなので、ここに載せておきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大地が作り
太陽が実らせた
ありがとう太陽
ありがとう大地
感謝していただきます

土がこれらを実らせました
愛する太陽
愛する大地
私たちは決して忘れません

いただきます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幼稚園で園児たちみんながこのお祈りを唱えている姿は感動的です。
これから我が家でも食事前にこのお祈りを唱えることにしました。
太陽さん、大地さん、ありがとう☆

Categories: シュタイナー教育, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 10:31 | 4件のコメント

子供の存在。

幼稚園に通うようになってから、息子の様子が激変しました。
帰ったらすぐに自ら手を洗いに行ったり、
「お風呂だよ〜」というと「はーい!」といいお返事をして飛んで来たり。

以前は何をするにも嫌がって一苦労だったのですが、
最近はすっかり素直になってきて見違えるようです。
お兄ちゃん・お姉ちゃんたちと一緒の縦割り保育というのもあるのか、
「自分でやる!」と言うことが多くなって、幼稚園ってすごいなぁ〜とつくづく思います。

それに加えて、最近息子がやけに優しいのです。
一緒にお風呂に入ろうとしたら「ママは世界一かわいい♡」と言ってくれたり、
洗濯物を干していたら「ママに会えてうれしいなぁ」と言うので
「ママもななちゃんに会えてうれしいよ〜」と応えると、
「ぼくの方がうれしいさ!」と言ってくれたり。

こんな台詞、生まれて初めて言われたよ〜!
思わず涙が浮かんじゃった。

思えば、ほんの少し前までは育児に悩むことが多くて
イライラすることもありました。
でも、幼稚園に入ったら、ベテランの先生が見守ってくれるという安心感もあり、
(特にこのくすのき園の早知子先生は素晴らしいのです☆)
一人の時間も持てるようになって、私の中にだいぶ余裕が出てきたのか、
息子がこれまで以上にぐっと可愛く感じられます。

以前は子供を持つようになるとは思いもしなかった私。
それでも、こんな私のところに勇気を持って来てくれて、
愛をいっぱい表現してくれてありがとう〜☆

なんというか、深いところに入ってきて根底からぐるっと何かを変えてくれた感じ。
子供って、すごい存在です。


自分で描いた線路がお気に入り♪

Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 10:56 | 2件のコメント

桜と入園の季節

花冷えのする昨日から一転して、今日はあたたかなお花見日和となりました。
うちの近くの万代池公園の桜も満開で、家族でお散歩にでかけてみると
池の周りにはたくさんの人がレジャーシートを敷いてくつろいでいます。

ここ万代池公園は、私にとってのミニパワースポット。
昨秋大阪で引っ越し先を探している時に、
不動産屋さんに勧められて帝塚山付近を散策してみたところ
この公園に立ち寄ったらあまりにも気持ちがよかったので
即、ここに住みたい!と思ったのでした。

特に池の真ん中にかかっている橋の途中に空気が一瞬軽くなるところがあって、
とてもいい気の流れを感じます。


橋の上のパワースポット(勝手に命名^^;)から撮った桜

明日からはいよいよ息子の幼稚園が始まります。
昨日の「入園のつどい」では、みんなの前で紹介されて
「恥ずかしいよ〜」とその場から逃げ出そうとしていた息子(汗)

でも、手作りお菓子を配られたらすっかり気をよくして
「幼稚園楽しい!」との言葉まで出るくらい。
くすのき園では毎週木曜日がパン作りの日だそうで、
それを知るとますます行く気になったようです^^;

明日からどんな生活が始まるのか、私もドキドキ☆
とりあえず、早起きからまず始めなくちゃ*^^*


くすのき園でいただいた入園祝いの品々。
クッキーは保護者の方の手作りのもの。ごちそうさまでした☆

Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 17:36 | 4件のコメント

出発!

あっという間に2月もあと1週間ほど。
今月は息子の卒乳、パートナーと私の誕生日、バレンタインデーなど目白押しで、
日々がいつもとは違う流れで過ぎていきました。

中でも卒乳後は息子との生活が激変!?
お昼寝はほとんどしなくなり、「抱っこして〜♡」を連発。
私が立っている時は小さな椅子を持ってきて、私の顔に近づいてから「抱っこ!」
そして熱烈なキス。
ラテン系の恋人同士みたいに日々熱い抱擁を交わしています^^;

さらに息子は卒乳の少し前から、眠くなると必ず私のお腹に手を突っ込んでくるのです。
手だけならまだしも、時には足や頭まで突っ込もうとするから、
全く落ち着きません(汗)

先日、幼稚園の親子教室に行った際、
一人の男の子がお母さんの膝に座って「お腹さわりたい♡」と言っていたので
思わず「それ、うちの息子も全く同じですよ〜!」と言うと、
他のお母さんも「うちも5歳ですがまださわってます〜」と盛り上がりました。

うちだけじゃなかったんだ〜 ホッ♪
でもこの現象、どうやら女の子にはないらしいのです。
男の子って、女の子以上に母親とのスキンシップを必要とするのでしょうか???

さてさて、魚座の新月の今日、2年ぶりにニュージーランドに行ってきます!
前回と同様、新月に出発して満月に帰ってくる旅。
今回は息子も3歳になったので、自らおもちゃを自分のリュックに詰めて準備万端!
またもキャンピングカーで真夏のNZを旅してきます。

それでは、行ってきます〜♪

Categories: 子どもとの生活, 旅行 | 投稿者 arciel | 13:57 | 4件のコメント

卒乳記念日

2月1日はパートナーの誕生日だったのですが、この日はもう一つの記念日にもなりました。

2012年2月1日、息子がとうとう卒乳したのです!!!
3歳5ヶ月にての卒乳、長かった・・・(感涙)
正直、ここまで長引くとは思ってもいませんでした。

ちょうど一年前から息子は
「3歳になったらおっぱいやめる!」と宣言していたので、
その言葉を信じて本人の意思を尊重しようと思っていたのですが、
いざ3歳になったら「やっぱりやめられない」とのことで・・・^^;

さすがに幼稚園の入園前にはやめないとと思っていたところ、
1月中旬に私の中で突然スイッチが入り、
「昼間はなし。夜寝る前だけにしようね」と息子に宣言。
すると意外や意外、あっさり「わかった」というではありませんか!

そして翌月のニュージーランド旅行が決まったので、その前に卒乳しよう!と思い、
毎晩「2月になったら完全におっぱいやめようね」と言い聞かせていたら、
2月1日の当日は、ぐずることもなくすんなりやめてくれたので
私の方が拍子抜けしたくらいでした。

もっと早く私が決意していたら、昨年のうちにやめられたのかも?
でも、昨秋は引っ越しで何かと落ち着かないこともあったので、
このタイミングでの卒乳が息子と私にとって一番ストレスのかからない
自然な形だったと思います。

卒乳したら、息子はこれまで以上にハグや抱っこをせがむようになったけど、
これも貴重なスキンシップの時間。
今のうちにたっぷりハグハグしておくことにします^^

何はともかく、無事卒乳できてよかった〜☆

Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 15:59 | 6件のコメント

子育ての秘訣のお話

先日、息子を連れて自転車で公園の近くを通りかかったら、
同じく子連れのママさんが「子育て勉強会」というものがあるので参加しませんか?と声をかけてくださいました。

講師がお話をしてくれる間、ボランティアの方が別室で子供を見てくださるとのことなので、
早速本日参加してきました♪

講師の安達加代子先生のお話はとてもためになったので、
こちらでもシェアしたいと思います☆

以下は、先生のお話の一部をまとめたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供(子育て)の困り事は夫婦が仲良くなる事で解決します。

子供がわがままだったり自我が強いのは、
妻である女性が「自分ばかり忙しくて夫は何もしてくれない、もっと自分を大切にしてほしい」と思うから。
息子・息女の「息」という字が自分の心と書くように、
お母さんの心を子供がそのまま反映しているのです。

だから、妻であるお母さんが夫であるお父さんを立てて
子供中心に家をまわすのではなく、夫を中心にすることで
子供は何でも自分の思い通りになるとは思わなくなります。

本当に仲のいい夫婦の子供は熱を出しませんし、病気もしません。
健康で育てやすい子供になります。

生まれたばかりの赤ん坊は、緑色のうんちをしてから
おっぱいを飲みますね。
先にもらうのではなく、まず出します。
そのように、もらう前にまず与える事。
目の前にいる人を喜ばせることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エピソードの中でドキッとしたのは、
洋服ダンスや靴箱で、ご主人の洋服や靴を一番下にして子供のを上にしていませんか?
それは、ご主人よりも子供を上に置いている事ですよ、というお話。

まさに、我が家ではずっと子供の服を上の段に、
パートナーの服を下の段にしまっていました!(汗)
でも、大阪に引っ越してからその位置を逆にしたのです。
ちょうどよかった〜!
(単に子供が自分で洋服を出せるように、下にしただけなのですが^^;)

息子はまだ集団生活をしていないせいもあって
ほとんど熱も出さず、健康そのものなのですが、
人一倍甘えん坊なのが気がかりです。
勉強会の間も、私から離れると大泣きするので
一緒に講義のお部屋に入ることに。
幸い、2時間もの間私の隣でおとなしくおもちゃで遊んでくれていましたが、
このままで幼稚園は大丈夫かな〜と心配になります(汗)

入園まであと2ヶ月少し。
それまでの子供中心の生活から、ちょっと意識を変えてみようと思いました。
その間に、2月下旬から2週間強のニュージーランド旅行も控えているので、
一回り成長して帰ってきたいと思います☆

Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 15:11 | 2件のコメント

幼稚園決定までの道のり

妊娠がわかってすぐに、生まれてくる子供にシュタイナー教育を受けさせたいと思い、
HPを見て直観的にピンときた「東京賢治の学校」に通わせようと、
通える範囲の府中市へ引っ越しを決めたのが3年前のこと。

今年の春からは未就園児クラスの「ネネムクラス」に親子で通い始め、
幼稚園は当然同校の幼児部「たんぽぽこどもの園」に通わせるつもりでいました。

ところが、現実に幼稚園の説明会が近づいてくると、
これまで何の迷いもなかったところに次々と迷いが出てきたのです!
(今から思えば、NPO法人でシュタイナー教育を行っている無認可の学校という、
ちょっと世間とは違う学校(の幼児部)に通わせることへのチャレンジが襲ってきたといいますか…)

それまで目にも留まらなかった、家から至近の幼稚園が急に候補に上がってきました。
そこは一般的な私立幼稚園で、園庭から毎日元気に子供たちの遊ぶ姿が見えるので、
息子も「ここで遊びたい♪」とよく言っていたのです。

ここなら毎日の送り迎えがすごく楽だし、
週に2度給食があるから毎日お弁当を作らなくてもいいし・・・
など親側の現実的な利点から、
住んでいる地域の幼稚園に通わせることで、近くに住むお友達がたくさんできる!
といったことまでメリットとして浮上してきました。
(園の教育方針とは全く関係ない部分で^^;)

実は迷いの本当の理由は、
反抗期で意志のハッキリしている息子がネネムクラスで大泣きをする度に、
園の静かな雰囲気を壊してしまって申し訳ない(汗)という思いが強くなり、
もしかしたらシュタイナー幼稚園に入れたいのは私のエゴなのではないか、
息子にはもっと普通の幼稚園の方が合っているのでは・・・
と考えるようになっていたことがありました。

そこでパートナーと相談し、10月からその私立幼稚園の未就園児クラスにも参加させてみて、
様子を見ることにしました。

すると、そこでは最初から子供だけが参加するシステムになっていて、
前もって息子によく言い聞かせていたものの、1時間後に迎えに行くと
「ずっと泣いてたんだよ。ママはどこに行ってたの?」と息子は大ショックの様子!

誰でも最初は泣きますよ、との先生のお言葉でしたが、
やっぱりこれはちょっと突然過ぎたかな、
私がブレてしまったせいで、息子に負荷をかけてしまった〜と反省。

この一件で目が覚めました。
やっぱりシュタイナー幼稚園に通わせよう!!!

翌日、ネネムクラスの先生に迷っていたいきさつを話すと、
「大丈夫ですよ!シュタイナー幼稚園は静かでおとなしい印象があるかもしれませんが、
園児たちはいつもにぎやかで元気一杯ですよ!」との励ましをいただきました。

確かに、ネネムクラスの子供たちはまだ2歳〜3歳なので皆おとなしめですが、
幼児部の子供たちはいつもワイワイ大胆に遊んでいたっけ。

そして一切の迷いがなくなった上で願書提出。
幼稚園の面接に伺いました。

面接の席でも、私がちょっと懸念していたことに対して先生からあたたかい言葉をいただき
涙がじんわり。
ここの先生方と話をしていると、いつも涙が浮かんでくるのです。
親と同じくらい、息子のことを理解してくれていると感じて。

また、幼稚園が始まっても、最初の1ヶ月くらいは降園時間まで預からず、
子供の慣れてくる様子を見て、一人ひとりお迎えに来てもらう時間を調節するそうです。
なんというきめの細やかさ!
やはりこの園に決めてよかったと、心から思いました。

先生方、どうもありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします☆

Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 17:00 | 4件のコメント