20年ぶりのパリ①

2017年の年末から2018年のお正月まで、家族でパリに行ってきました。
フランスは大好きな国ですが、最後に訪れたのは2001年。
実に17年間もフランスからご無沙汰していたのですが、
この冬急にフランスに行きたくなったのです。

そういえば、パートナーに出会ったのが20年前の1997年12月のパリ。
それが念頭にあったわけではないのですが、潜在意識では覚えていたから
このタイミングで突然パリに行きたくなったのかも??

今回、沼島から関西国際空港に行くにあたって、初めて淡路関空ラインを使ってみました。

淡路島の洲本港からわずか65分で関空に到着する上、
ターミナルへも無料のシャトルバスで送ってくれるので便利この上ないです。
神戸から大阪への高速を急ぐより、ノンストレスではるかに楽ちんでした♪

空港で買った旅のお供はこの本。

タイトルの「Hygge」という文字が目に飛び込んできたので買ったのですが、
北欧デンマーク生まれの心地よいライフスタイル「ヒュッゲ」は世界的にも注目されているようで、
パリのメガブックストアfnacでもヒュッゲに関する本を何種類も見かけました。
長いフライト中、映画に飽きた時に読んだらとてもゆったりとした気持ちになって癒されました♡

バンコクでトランジットしてからさらに11時間のフライトを経て、
12月30日の朝にパリのシャルル・ド・ゴール空港に到着。


トリコロールの明かりが見えて、一気にパリの雰囲気に包まれました。

12月のパリは、朝8時を過ぎてもまだ真っ暗です。
高速鉄道RERのB線に乗っている間に白々と夜が開けてきて、冬のパリ特有の曇り空が見えてきました。
しかも、ホテルのあるChâtelet-Les Halles(シャトレ-レ・アール)駅に降りたら、
青空までも顔を覗かせていて感激☆


L’église Saint-Eustache(サントゥスタッシュ教会)
パリの空に幾筋も飛行機雲が浮かんでいることに、今回初めて気づきました。

とりあえずホテルで荷物を預かってもらおうとしたら、
朝の10時前にも関わらず、準備できているお部屋があるからと部屋に入れてもらえました。
アパートメント型のお部屋なので、キッチンも付いていて快適♪


ソファでくつろぐ息子。

少し休んでから、ホテルからすぐ近くにあるショッピングモールForum des Halles(フォーラム・デ・アール)へ。

ここは大型書店fnacや映画館、ファッション、インテリアショップなどが入っているモールで、パリに住んでいた時によく行っていたのですが、20年前とはテナントも大幅に変わっていました。
特にアウトドアやスポーツショップが増えたのが印象的です。

そして一目散に息子が向かったのはレゴストア。
ショーウインドウもレゴでカラフルに彩られています。


いかにもフランスらしい、レゴで作られたパティスリー。


凱旋門も見事な完成度!

店内ではパーツごとに自由に選んでオリジナルのミニフィグを作ることができるコーナーが人気で、
息子も一足早くもらったお年玉で3体のミニフィグを作っていました。

パリでは年末年始もクリスマスムードが続いていて、
フォーラム・デ・アールでも大きなクリスマスツリーとイルミネーションが綺麗でした☆

日本では25日の夕方にはツリーを片付けてお正月モードにチェンジしますが、
その切り替わりの早さがいつも少し寂しいと思っていたので、余韻の長いクリスマスを味わえたのがとても嬉しかったです。

フォーラム・デ・アールのすぐ近くには、Marché de Noël(マルシェ・ド・ノエル)というクリスマスマーケットも開かれていて、ワインやチーズ、エスカルゴ、羊毛グッズなどのお店がずらりと並んでいました。

後で知ったのですが、レ・アールのこのクリスマスマルシェは今回初めて開催されたのだそうです。
これまではシャンゼリゼのクリスマスマルシェが有名でしたが、今回は開催されなかったため、
レ・アールのマルシェがパリで一番大きなクリスマスマルシェになったのだそう。
(参考記事はこちら

クリスマスマルシェにはフランスの各地域から出店者が集まっていて、
毎日通いたくなるほどキラキラした魅力に溢れていました☆

(つづく)

Hygge(ヒュッゲ) 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法
ピア・エドバーグ 永峯 涼
4763136305

パリでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅
トリコロル・パリ
4426122422



Categories: パリ旅行2017-2018, 旅行 | 投稿者 arciel | 14:22 | コメントはまだありません

コメント