明治村とリニア館の旅

先週末、幼稚園のお友達家族と一緒に一泊二日で愛知県に行ってきました。
お友達の息子くんもうちの息子も乗り物好きなので、名古屋のリニア館に行こう!という話から
ついでに一泊して犬山市の明治村にも行くことになりました。

博物館明治村は思っていたよりもずっと広くて、
敷地内には日本全国の明治時代の建物が移築されています。
美しい意匠を施された建物が風景とマッチして、とても明るくハイカラな印象!


レトロな灯台が美しい。


白亜の聖ザビエル天主堂では、結婚式が行われていました。


蒸気機関車12号がやってきました!
訪れた人は全員にわか鉄っちゃんになって写真を撮りまくります。

明治時代ってずいぶん昔のことと思っていましたが、たかだか百数十年前なんですよね。
この間に戦争があり、戦後の復興があり、高度経済成長があり、バブル経済が崩壊し、
21世紀になって9.11があり、3.11があり・・・
と振り返ると、なんてめまぐるしい100年間なんだろう!と改めて感じました。
歴史的に見ても、ここまで変化の激しい100年間は人類史上初めてのことなのでは。
つい最近まで明治生まれのおじいちゃん、おばあちゃんが生きていたと思うと
この100年間の時代の流れの速さにクラクラします。

感慨深く明治村を出た後は、近くの犬山キャンプ場に向かいます。


今夜はティピーにお泊まり♪


ティピーの中ではたき火ができます。薪を燃やしてお鍋を作りました♪

ティピーの薄暗い中でグツグツと煮えるお鍋を囲んでの夕食はなんとも風情がありました。
電気がなかった時代はこうした火の明かりが唯一の光源だったんですよね。
火が消えかかると一気に暗くなるので、最後は闇鍋のようでした^^

夜は寝袋にくるまって寝たのですが、山の中だけあって夜は冷え込みが厳しい〜!
セーターとカーディガンをはおって寝袋に入り、人間湯たんぽの息子に抱きついてなんとか眠りました。
次回、秋冬にキャンプするときは湯たんぽ必須です!

翌朝はたき火でホットサンドを焼き、コーヒーを淹れてリッチな朝食を味わいました♪
ほのかに薫製の香りがするコーヒーもなかなかオツでしたよ^^

そして目指すは名古屋のリニア館
ここは明治村と打って変わって、最新設備の鉄道博物館です。
ピカピカに磨き上げられた新幹線や鉄道車両が堂々と立ち並び、目に眩しい〜!


ドクターイエロー。実物は初めて見ました。

ミニシアターでは超電導リニアの模擬乗車を体験しました。ふわっと浮いた感覚が面白い。
それにしても時速500kmで無人運転・・・なんだかSFの世界のようです。
人類はどこまでいってしまうのだろう。

技術の進歩も素晴らしいけど、子供たちは意外と明治村の蒸気機関車を一番楽しんでいたみたい。
あの実際に煙を出して走る姿がパワフルでわかりやすいんですよね。

今回の愛知旅行は、まるでタイムマシンに乗ったように100年の時の流れを体感する旅になりました。
たくさんの鉄道に触れて息子たちは大喜びでしたが、
キャンプ場での木登りもとても楽しかったね!やっぱり自然はいいなぁ♪
ご一緒してくれたNさんファミリー、楽しく貴重な体験をどうもありがとうございました☆


Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | 11:46 | コメントはまだありません

葛城山に登ってきました

お天気に恵まれた日曜日、大阪と奈良の県境にある葛城山(標高959m)に登ってきました。

この登山は幼稚園のママ友さんが企画してくれたもので、5家族で参加しました。
当初、4歳2ヶ月の息子を連れての登山は大丈夫かな〜?と思っていたのですが、
お友達と一緒だとがぜん張り切る息子。
朝起きたときからゴキゲンで登山を楽しみにしていました。

電車とバスを乗り継いで、葛城山ロープウェイ前に集合し、いざ出発!


みんなで並んで登っていきます。


意外にも、ひょいひょいと階段を駆け上っていく息子。


櫛羅の滝でひと休み。


杖をつきながらもうひとがんばり。

普段、すぐ「抱っこ〜!」とせがむ息子が元気に山を登って行く姿にびっくり!
お友達のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちと一緒だからというのも大きいですが、
自然の中だとやっぱり一番のびのびできるみたい。


頂上に着くと、一面のすすきが迎えてくれました。

空と雲が近くて、手を伸ばせば届きそう!
360度見渡せる透き通るような青空と、すすきがたなびく野原に感動しました☆

頂上には売店などがなく、広々とした広場になっています。
みんな思い思いにシートを敷いてお弁当を食べたり調理していたりしているのが自由で面白い!
私たちもこの絶景を眺めながらお弁当をいただきました。

すると突然、夫が「日輪だ!」と空を指差しました。
見ると、太陽の周りに大きな環がくっきりと見えます。

まるで登頂した私たちを祝福してくれているみたい☆
登っている最中、ところどころでマウントシャスタの風景を彷彿させるところがあったのですが、
ここも宇宙にとても近いようなエネルギーを感じました。
ありがとう〜!!!

お弁当の後は、すすきの野原にみんなで突入!
背丈以上のすすきに囲まれる中、ダイブしたり寝転がったり。
童心に返っておおはしゃぎしました^^

帰りはロープウェイを使いましたが、息子は家に帰ってもバタンキューどころか寝るまでハイテンションでした。
この体力を見ると、帰りも歩いて下山できたかも!

友達親子と一緒の登山は本当に楽しかったです♪
大自然の中で生き生きとした子供たちの姿を見て、つくづく人間は自然の中で育まれるんだなと実感しました。
企画してくれたMさん、ご一緒してくれたご家族の皆さん、
素晴らしい体験をどうもありがとうございました☆


Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | 13:53 | コメントはまだありません

一目惚れした町、金沢。

9月になってだいぶ秋の気配を感じるようになりました。
今日から息子の幼稚園が再開し、先ほど元気に幼稚園に通っていきました。

この夏は息子と一緒にひたすら遊びまくった1ヶ月半でした〜!
海には5回行って(和歌山2回に淡路島3回)、キャンプは2回、
プールに公園、交通科学博物館と通ったあげく
(その間にしっかり夏フェスにも行きました♪)、
8月の最終週は実家の新潟で過ごし、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に
息子の4歳の誕生日を迎えました☆


毎年行きつけのケーキ屋さんのケーキ。大好きなドラえもんも一緒に^^

息子の誕生日に合わせて帰省することができるので、8月生まれは何かと便利♪
小学校時代からの親友Kちゃんの息子くん(小4)とも遊んでもらって、
また一ついい夏の思い出ができました。

大阪に引っ越してから初めての帰省となる今回は、
新潟まで車で片道600km以上にもなる長い道のり。
そこで行きは途中の金沢で一泊することにしたのですが
この金沢がとっても素晴らしかったです!!!

北陸道から一般道に降りた瞬間から感じるどことなく落ち着いた雰囲気。
けばけばしい色合いが極めて少なく、アースカラーを貴重とした色彩が目に優しい。
車から降りると、日本海の湿度を含んだ空気がしっとりと肌を潤してくれる。
同じ日本海側の新潟出身の私には懐かしく心地よいこの空気・・・

石川県初デビューの私でしたが、金沢の魅力に一目でとりこになってしまいました☆

駅近くのホテルで荷物をおろし、金沢駅に向かって散策すると、
見事なガラスのドームがそびえ立っています。


一瞬、パリを彷彿とさせるようなこの建築美!
「訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、おもてなしの心を表わしたもてなしドーム」なのだそう。

このドームの左右にそれぞれタクシー乗り場とバス乗り場があり、
真ん中には広々とした歩行者通路と水場があってなんとも機能的。
うーん、雪国でこれほどの洗練さと実用性を兼ね備えている駅があったとは!

そして、何気なく訪れたお店でいただいた夕食も非常に美味でした。
透明感のあるうどんに白だしのおつゆが最高で、
讃岐うどんよりもやっぱりこっち〜☆と軍配を上げたくなるほど。


夢中でうどんをいただく息子。

そして翌日は金沢21世紀美術館へ行ってきました。
念願の「スイミングプール」に潜る(?)ことができて嬉しい♪

コレクション展「ソンエリュミエール(Son et Lumière)」もとても面白かったです。
久しぶりに現代アートに触れて、感覚が生き生きとしてきました♪

大阪のパワーにちょっと疲れた時に、そっと優しく癒してくれる町、金沢。
また次回の帰省時にもぜひ立ち寄らせていただきます〜☆


Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | 12:01 | 2件のコメント

虹から始まった不思議な一日

(前回からのつづきです)
蒸し暑さと蚊に悩まされた一夜が明けて、
息子は5時に目を覚まし「お散歩に行きたい」と言い出しました。
閉め切ったテントの中は蒸し暑いものの、外は肌寒いくらいの涼しさ。
まだ静まり返ったキャンプ場を散歩している間に陽はどんどん昇り始めました。

テントに戻って息子を着替えさせていると、パートナーの「虹だよ!」と言う声。
外に出てみると、目の前に大きな虹がくっきりと!

よく見ると、右側にうっすらともう一つの虹が見えます。

こんなに近くで鮮明に虹を見るのは初めてかも!

あまりにも美しいので、ひたすら虹を見つめていたら
なにかが心の中に入ってきたような気がしました。
言葉ではうまく表現できないのですが、
なんというか・・・光の精のようなもの、とでも言うのでしょうか。
その存在がハートに触れてすっと入ってきたような感じです。
そうしたら、心がふわっと軽くなって今までとは違う感覚が生まれたような気がしました。

あまりにも嬉しい朝を迎えたので、そのまま朝食を食べずに出発!
朝7時に再び大鳴門橋を渡り、徳島から淡路島へ向かいます。
その間、また2度も虹を目にすることができて感激〜☆


淡路島側から渦潮はちょこっと見えました。

南あわじ市を海岸沿いに車を走らせると、朝のさわやかな日差しに海が美しく、
初めて通る道がキラキラと新鮮に見えます。
途中、とても細い道を入って行くと、緑の中に光のシャワーが降り注いでいる場所を通りました。

これは何!?
まるで天国のような世界!!!

一瞬で通り過ぎてしまったけれど、あまりにも素敵なその場所に出会えて
心がぱぁーっとときめきました。

その先を少し行くと、煙が見えて焼き物をしているグループの横を通り過ぎました。
どうやら瓦を焼いているようです。

そこは津井という地域で、淡路瓦で有名な場所のようでした。
(だから淡路島には瓦が印象的なお家が多いんだ!と、その時初めて気づきました)

なんだか、この地域が妙にキラキラ輝いて見えた私たち。
これはひょっとして今朝の虹マジック!?

「そういえば、津井ってニュージーランドのTuiと似ているね」とパートナー。
まさに〜!!!
Tui(トゥイ)とはNZ固有の鳥で、キャンピングカーやビールにもその名前が使われていたりするんです。

この不思議なつながりは何!?と妙な興奮を覚えながらも、
とりあえずレジャーを楽しもうと慶野松原海水浴場へ向かいました。
ここはキャンプ場も併設されている広い海水浴場です。

テントを張って、サンドイッチの朝食を食べてから海へ飛び込む父と子。

私は海岸で石拾い。

ここはつるっとした綺麗な石がたくさんあります。

海水が少し冷たかったせいか、息子はちょっとだけ泳いですぐに服を着たいと言い出しました。
それで、予想外に早く海を離れた私たちは再び気になった津井へ行ってみました。

そして、やっぱりここはいい!と確信した私たちは、
また再度ゆっくり訪問しようと心に決めて、淡路島を後にしました。

やっぱり、土地のエネルギーってあるんだなぁ。
今回四国へ行ってみて、改めて淡路島のパーッとした開放感を実感しました。
そしてニュージーランドとの共通点も。
(日本が世界の縮図だとすると、四国はオーストラリアだそう。
ってことは、淡路島はニュージーランドに当たるはず!
今回のTuiとの類似でますます確信しました)

一人ひとりにあった場所というのはきっとあって、
そこに行くだけで気分が高まる場所に必ず巡り会えるものなのでしょう。
今回はそれをはっきりと自覚した旅でした☆
旅、万歳!

Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | 22:35 | 1件のコメント

まるで外国!香川のオートキャンプ場

先週の土曜日の朝、前から一度行ってみたかった四国に行こう!ということになり、
急遽香川県へ向かうことになりました。

淡路島を通り抜け、大鳴門橋を渡って徳島へ。
んんっ!なんだか急に空気の変化を感じます。
淡路島の「乾」から、一気に「湿」の世界へ。
すぐ先なのに、橋を渡っただけで別世界になるこの変化にびっくりしました。

身体にまとわりつくようなこの湿度と空気の重さ・・・
これに比べたら、大阪はまだカラッとしているなぁ〜
(熊本出身のパートナーだけは、このねばっこい空気を懐かしがっていました^^)

今日の宿泊先は、徳島から香川へ入ってすぐの東かがわ市にある大池オートキャンプ場
パートナーが朝ネットで見つけたばかりだったので、何の事前情報もなかった私は
着いてみてびっくり!
湖を思わせる大きな池の畔にあるキャンプ場は、広くて手入れが行き届いていて
まるで外国のよう!?

これで一気にテンションが上がった私たちは早々にテントを張り、
池でカヌーを楽しむことにしました。
実はカヌーに乗るのは初めて!楽しい〜♪

でも、(浮き輪で)泳ぐのが好きな息子はすぐにカヌーを降りて湖へ。
浅いところでは物足りないと、わざわざ池の真ん中の深いところへ行きたがり、
水の中では始終ゴキゲン♪

カヌーの後は、大鳴門橋の方へドライブ。
せっかくなので渦潮を見てみたい!と思ったのですが、
満潮と干潮の時間帯が見頃だそうで、時既に遅し。
でも、なんとなーく渦を巻いている動きが見えました。

夕食は讃岐家さんで、私と息子は天丼、パートナーはお刺身定食。
一見普通の天丼に見えますが、この海老天がプリップリで感動的でした☆

夜は虫の鳴き声が聞こえるテントで静かな夜・・・
のはずが、蚊取り線香を忘れたおかげで一転して悪夢の夜に!!!
テントを密閉して蒸し暑さに耐えるか、
風通しをよくして蚊と闘うかの究極の二者択一というはめに(泣)
結局、途中で何度もテントを開け閉めして蚊を退治しながら寝るという妥協策になりました。

そんなこんなで非常に寝苦しい一夜を過ごしたわけですが、
翌朝、寝不足を吹き飛ばすほどのご褒美があったのです!(つづく)

Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | | コメントはまだありません

淡路島のキャンプと海(2)

お誕生パーティーが終わってみんなが寝静まった真夜中、
息子が突然咳き込み、次の瞬間に吐いた!
どうやらバーベキューのソーセージが消化不良だったようです。

NZ旅行に続いて、ソーセージで吐くのはこれで2度目。
もう当分ソーセージは禁止だぁ〜!!!
・・・などと思いつつ、息子を着替えさせたら息子は速攻で爆睡。
一方、ひたすらバスタオルとウエットティッシュで寝袋を掃除し洗濯していた私は
すっかり目が冴えてしまい、ほとんど眠れず状態。

そのおかげか、朝になっても目が開かず、頭は割れるように痛い。
これはもしや・・・二日酔い!?ではなく、ただの風邪でした。

テントの外ではお友達のお嬢さんと息子くんがかいがいしくパンを温め、
ブルーベリーをつぶしてジャムを作ってくれていた。
なんて素晴らしいお子さんたちなんでしょう!

一方の私たちはと言えば、消化不良で不機嫌な息子と頭痛を抱える私という冴えない有様。
かろうじて夜中爆睡していたパートナーだけは元気ピンピンでした。

テントを後にして、海に向かう前に伊弉諾神宮へお参りに。
駐車場に車を停めて出たすぐ近くに、脱皮前の蝉の幼虫が蟻にたかられていました。


起こしてあげるとヨチヨチと歩き出す蝉の幼虫に、くぎづけになる子供たち。

お嬢さんが木の棒で幼虫を木に乗せてあげると、必死に上へ登っていこうとします。

力を振り絞って前進する幼虫に、生命の力の根源を見たような気がしました。
がんばって羽化してほしいなぁ〜!

伊弉諾神宮へのお参りが済んだ後は、多賀の浜海水浴場へ。
ここは広い駐車場があり、テントを張れるスペースも十分でなかなか快適でした。
とはいえ、頭痛と寒気がする私は一人テントの中でしばし休憩。

1時間ほど休んだらだいぶ回復してきたので、水着に着替えていざ海へ!
ここは遠浅で水質がきれいなせいか、海には貝やヤドカリが山のようにいてビックリ。


一度手をつっこむだけでこんなに貝が!


男子2人はひたすらワカメ採りに夢中。

さすがにワカメや生きた貝は海に戻してきましたが、
きれいな貝はお土産に持って帰りました。

遊び倒した2日間、付き合ってくれたお友達と子供たちに感謝感謝です☆
あーまた遊びに行きたいね♪

Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | 15:43 | 2件のコメント

淡路島のキャンプと海(1)

13の月の暦で新しい1年が始まる7月26日、
お友達家族と一緒に淡路島へ一泊旅行してきました。

お天気に恵まれた夏らしい日!
全員が乗れるバンをレンタカーして、淡路島へ向かいました。
ちょうどお昼頃に淡路島へ入り、ランチは生穂の海沿いにある「カフェナフシャ」へ。

ここは1階がアーティストであるご主人の発明工房になっていて、
2階に上がるとカフェになっています。
ランチは前日までに要予約、というのを知らなかったのですが
突然訪れた私たちにその場で作ってくださいました。
ありがとうございます☆


地元の食材を使ったお野菜たっぷりのプレートランチとスープ。
大人用は1000円、子供用は700円でした。

お腹いっぱいになった後はカフェのすぐ裏の海辺を散策。
岩がゴツゴツしているけど、きれいな海に思わず足を浸すと気持ちいい〜!


あまりの快感に裸になって海に入る息子。
意外と大胆な一面を見た!

お友達の息子くんは貝殻で海水をすくって差し出してくれました。
飲んでみると、しょっぱすぎずほどよい塩加減で美味しい!
だしいらずのミネラル豊富な海のスープに感激♪

その後は、宿泊先の淡路ワールドビレッジへ。
ここはいろんな形態のテントやハウスがあるのですが、
私たちは6人全員が宿泊できるパオ型テントを予約していました。
テントとはいえ、冷房がしっかり付いています。

お友達のお嬢さん(小学2年)と息子くん(幼稚園年長)はとても働き者で、
バーベキューの火起こしに使う松ぼっくりを山ほど拾ってくれました。
お嬢さんは野菜も切ってくれて、なんてお手伝い上手!


夕食の準備をしていたらいつの間にか夕暮れの空に。

この日はお友達の息子くんの6歳のお誕生日でもあったので、
お母さん手作りのケーキでみんなでお祝いしました。

私たちからはパートナーの見立てで「しょぼん」という本をプレゼント。
書道家の武田双雲さんの書によるひらがなの本です。
来年1年生になる息子くんがお姉ちゃんと一緒に見て遊べるように♪

喜ぶ息子くんの笑顔を見ていたら、思わず涙が浮かんできたよ。
星がいっぱい浮かぶ夜空を眺めながら、外でみんなでお食事ができるって最高だね!
素晴らしい思い出をありがとう☆

Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | | コメントはまだありません

淡路島のあじさいとお野菜

5月に淡路島を訪れてからすっかり淡路島にはまってしまい、
それ以来2週間に一度くらいの割合で淡路島に通っています。
先週末は、洲本市千草竹原ダムの上流にあるあわじ花山水に行ってきました。

洲本市の中心街を抜け、狭い道をひたすら走っていくと
緑いっぱいの別世界が待っていました。
空気がおいしい〜!!!


あわじ花山水の入り口で大きなあじさいが出迎えてくれました。


田んぼを囲むようにしてあじさいが植えられています。


田んぼの中にアメンボを見つけたよ


珍しいマジェンタ色のあじさい。きれい♡


池には蓮のつぼみが。咲くのが待ち遠しいね。


アイガモのひよこたち。アイガモ農法の田んぼです。

雨が降っていたので、最初は早く帰りたがっていた息子も
愛らしいアイガモたちには釘付け!
バーベキューができるスペースもあって、
天気のいい日にはゆっくり一日楽しめそうです。

秋には原木栽培のしいたけ狩りをすることができるそうなので、
また遊びに行きたいな〜♪

帰りにはいつものように市場で野菜をどっさり購入。
淡路島の野菜はとても美味しくて、
最近野菜の好き嫌いが出てきた息子も淡路島の野菜だけはモリモリ食べるんです。

市場で買った麹と梅で、それぞれ塩麹と梅酵素を作ったら
半日でもう泡がブクブク出てきてびっくり!
いい菌が生きているんだね。

淡路島、めっちゃいいですよ〜^^

Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | 11:22 | 1件のコメント

淡路島に行って・・・抜けた!

大阪に引っ越してから淡路島に行ってみたいとかねがね思っていたところ、
淡路島出身の美容師さんが「アート山がいいですよ!」とお勧めしてくれたこともあり、
5月4日に日帰りで淡路島に行ってみることにしました。

普段なら大阪から1時間で着くはずが、さすがにGW中の渋滞で
3時間近くかかってようやく明石海峡大橋を渡ることができました。
ちょうど曇っていた空も晴れてきて、
なんだかとてもいい感じ!

お昼時ということもあり、道の駅も近くのお店も人がいっぱい。
たまたま通りかかった地元の漁師さんのお店「渡舟」で美味しいご飯にありつけました♪


生しらす丼とたまごスープ+オプションで選べるおかず

お腹もいっぱいになったところで、
早速「淡路大磯アート山美術館」へ行ってみました。
ここは一つ一つ手作りで作られた、とても素敵な美術館です。


お庭と美術館の様子が外国の風景みたい。

館内に入ると、大石可久也さんの絵が展示されている中に
樹齢2000年の木で作られたテーブルがありました。

「敬意をこめてなでる時、精霊のパワーがあなたに宿ります」と書かれていたので
両手をテーブルに置いて目を閉じていると、
中心が定まって
天と地をつなぐ柱としてのエネルギーを感じました。
とても居心地がよくて、ずっとここにいたくなります。


海を眺めながらベランダに立つといい気持ち。

お庭に出ると、美術館を建てた大石可久也さんご本人がいらっしゃいました!

大石可久也さんと記念にパチリ。
とても明るく、くったくのないおじいさまでした♪

淡路島って、イザナギ、イザナミの二神が最初に造った島と言われているだけに、
もっと「陰」のエネルギーなのかなと思ったら全然違って、
とても明るくおおらかな感じ!
日本のイメージが一変しました。
日本って、元々はこんなに明るかったのね!

渋滞もあって、この日はこの後すぐに大阪に戻ったのですが、
家に帰ったら久しぶりにワクワクした感覚が戻ってきました!
311以来感じていた重みから抜けて、
身体が軽く心もスッキリ!
(パートナーも全く同じことを感じていました^^)

やったー!!!嬉しい〜☆
淡路島、すごく気に入ったよ〜!

そしてこの後、怒濤のインスピレーションが降りて来たのです・・・(つづく)

Categories: アート, 旅行 | 投稿者 arciel | 11:15 | 3件のコメント

帰ってきました

3月9日の夜、無事にNZより帰国しました。

今回のNZ旅行は、とにかく予期しないことの連続!
しょっぱなの自動車事故、息子の発熱と下痢、私の体調不良などチャレンジ続きでしたが、
そんなこともすべて吹き飛んでしまうくらい、NZの大自然は素晴らしかったです!

そして最後の最後で、トランジット先のゴールドコーストで飛行機がキャンセルになり、
急遽一泊することになりました。
いつかオーストラリアに行ってみたいと思っていた私たちにとって、
まさかのラッキーチャンス到来☆

最初から最後までハプニング続きでしたが、楽しい思い出ができました♪
近いうちに、旅行記をUPしていきますね^^

Categories: 旅行 | 投稿者 arciel | 17:38 | 2件のコメント