光のオイル

しばらく前から気になっていた「ソーラムオイル」。
今月上旬にネネムクラス(未就園児クラス)で紹介してもらい、購入することができました♪

ソーラムオイルは、ドイツのアントロポゾフィー医学の医師たちが
日本の被災地に寄付してくれたオイルで、
チェルノブイリの原発事故の際に被爆の予防に使われたオイルです。

このオイルについて説明してくださった竹内真弓医師の資料によると、
「アントロポゾフィー医学では人工の放射線は「冷たい光」であると位置づけられています。
それは生命の力を弱めてしまいます。
しかし、人間は動物と違って自分の中から光を生み出すことのできる存在で、
この光こそが「冷たい光」に対抗できるのだとも言っています。
この内なる光は「愛、喜び、慈しみ、感謝、希望」などと表現できるでしょうか。
日本でいうと尾瀬のような清浄で高地の湿地帯の泥炭が含まれているオイルは、
この人間の内なる光を強めてくれるはずです。
また皮膚の働きである保護作用を強めます。」

とのことです。

「光のオイル」とも呼ばれるソーラムオイル。
ラベンダー、セイヨウトチノミ、スギナ、ピートモスなどが配合されていて
とても穏やかないい香り♪
背骨から腰回りに塗ると、身体から力が抜けていき、
余計なものが流れていく感じでとてもリラックス&スッキリします☆
しかもポカポカしてくるので、冷えにも強力に効く感じです。

早速息子に塗ってみようとしたけど、
現在反抗期真っただ中の息子は「塗らなくていいの!」の一点張り^^;
赤ちゃんの頃から息子はオイルを使ったマッサージがあまりお好みではないんですよね〜(汗)

そんな訳で、子供の放射能汚染予防に使うはずが
すっかり私の冷え対策オイルになってしまっているのですが、
これ、生理中の腰のダルさにもすごくいいです!

また、情報の多い一日の終わりの疲れにもいいそうなので、
PCに向かい続けているパートナーにもベストなオイルなのですが、
男性はなかなか自分で塗ろうとしないですよね〜
(結局、私が一度塗ってあげたきり^^;)

そうだ、今夜からお風呂に入れてソーラム風呂にしちゃおう♪
涼しくなってから1時間近くも湯船で遊んでいる息子にはぴったりかも^^☆

6時間後追記:
早速お風呂にソーラムオイルを入れてみました。
ちょっと入っただけで身体がぽかぽかして、汗がじんわり吹き出てくる〜!
デトックス&温熱効果でかなりパワフル。
これは温泉以上にすごいかも?
30分以上遊びながら半身浴していた息子は全身に玉のような汗をびっしり!
あまりに強力なので、毎日じゃなく3日に一度くらいでもよさそうです♪


Categories: 地球環境, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 17:06 | 2件のコメント

3歳になりました。

2011年8月24日、息子は3歳の誕生日を迎えました。

プレゼントの赤い自転車は2週間前から届いていたので
今日は息子の大好きなことをしよう!と
息子を私の自転車に乗せて国立までサイクリング
(パートナーはあいにく仕事)。

まずは息子の大好きな(私も☆)ミスドに行って
トマト麺とドーナツとオレンジジュースのランチ。
帰り際に息子にくじを引かせたら、
欲しがっていたピングーのストラップが当たって大喜び!
さすが誕生日。幸先いいな〜☆

そして国立駅北口にある「新幹線資料館」へ。
ここは新幹線の車両が展示室になっていて、
鉄道模型が走っていたり、運転室に座ることができるので
息子の大好きなスポットの一つなのです(しかも無料!)。

決して広くはないものの、新幹線や電車が走る鉄道模型にひたすら釘付けの息子。
他にも男の子連れの親子が何組も入れ替わり立ち替わり入って来て、
鉄道好きな親子の密かな穴場になってます。

そして帰りにケーキを買って、
晩ご飯は息子の大好物の野菜カレーでお祝い。
2回もカレーをおかわりした息子は、デザートのケーキを残してしまうほど
お腹いっぱい食べていました。

さて。
半年も前から「3歳になったらおっぱいやめる!」と宣言していた息子。
3歳になったその日、自分で卒乳宣言できるのか?!と期待していたのですが
眠くなるやすかさず「おっぱい♡」。

「今日から3歳だよ。3歳になったらおっぱいやめるんじゃなかったの?」と聞くと、
「やっぱりやめられない。5歳になったらやめる〜」と照れ笑い。
5歳って、さすがにそれはないでしょ〜!!!

やはり誕生日当日の自然卒乳は無理だったか。。。
パートナーは「カラシを塗ったらやめるんじゃない」などど言いますが、
私的にそれはあり得ない選択!

それに、おっぱいを飲む時の息子の幸せそうな顔を見ると
もう少し続けてもいいかなと、つい思ってしまうのです。
正直、肉体的にはだいぶキツくなってきたのですけどね^^;

まぁ、4歳になるまであと1年。
3歳代での自然卒乳を目指します☆

・・・
ちょうどこの日、大阪から上海へ向かうジュリーたちからメールが来て、
息子の誕生日祝いのメッセージに続いて
「8月24日は私たちの結婚記念日でもあるの。今年で10年目」とあったのにはびっくり!
つくづくシンクロが重なる私たち。
二重のお祝い♡おめでとう〜☆


Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 21:42 | 7件のコメント

息子の胎内記憶

おしゃべりが大好きな息子(もうすぐ2歳10ヶ月)。
ふとした時にいろいろと話をするのですが、今日の会話はこんな感じでした。

私「ネネムクラス(プレ幼稚園)面白かったね」
息子「うん。Mちゃん泣いちゃった」
私「そういえば珍しくMちゃん泣いてたね。どうして泣いていたのかな?」
息子「もっともっと遊びたいよ〜って泣いてた」
私「そうだったの?Mちゃんと話していなくてもわかるんだ」
息子「うん」
私「Mちゃんの思っていることを感じたの?」
息子「うん」

私「じゃあ、ママが何を思っているのかもわかるの?(←実はすごく聞きたかったこと)」
息子「わからないよ〜(ニヤニヤ)」
私「ふーん(ほんとかな〜)。じゃあ、ママのお腹にいた時のこと覚えてる?(←前からすごく聞きたかったこと)」
息子「うん」
私「(え、ほんと?!)どんな感じだった?」
息子「気持ちよかった(ニッコリ)」
私「そうなんだ〜あとはどんな感じ?何色だった?」
息子「・・・」
私「明るかった?暗かった?」
息子「明るかった」

今日のところはこれまででしたが、
初めて息子の胎内記憶を聞くことができて感激でした☆

私は妊娠中ずっとつわりで苦しかったのですが、
胎児だった息子は気持ちよく感じてくれていたなんて!
それを知ってすごく安心しました。
なんだかますます愛しく感じてきたよ。

今度は生まれて来る前の記憶を聞いてみたい!ともくろんでいる私です^^


Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 21:24 | 10件のコメント

両親の出会いから関係している子ども

プレ幼稚園(東京賢治の学校の未就園児クラス)に通い始めて1ヶ月。
初日はあんなに大変だったのが、今ではすっかり慣れてきた息子。
今月からは、オイリュトミーの鳥山雅代先生による子育ての勉強会も
週に一度始まりました。
まだ2回目ですが、興味深い話が満載で
毎回とてもためになっています。

特に驚いたのは、子どもが両親の出会いから関係しているということ。
両親がどのように出会ったかということが、その子どもにも表れているそうです。
出産の過程が子どもに影響するのはわかっていましたが、
両親の出会いまでもが子どもに関係しているなんて!

私たちはお互いにフランス留学中に知り合ったのですが、
そのとき私はシュタイナー教育を学んでいて、パートナーは料理の修業中。
現在の我が家の様子(私が息子をシュタイナー幼稚園に通わせ、パートナーがメインに料理をする)そのまんまです^^;
まさかその時は結婚するとは思っていなかったけど、
息子の魂はちゃんとそれをわかっていたのかな。
出会いから出産まで約10年間、よくぞ辛抱強く待ってくれました☆

そういえば、息子の最近の口癖は「ママに会いたいよ〜」なのです。
私が少しでも見えなくなると、以前はただ泣いていたか「ママ〜!」と呼ぶだけだったのですが、
口がだいぶ達者になってきた最近は、しっかり「会いたい」というようになって。
たかだか数メートルなのに、大げさだなぁと思っていたのですが
10年以上待っていた彼からすると、切実に会いたかったのかも。。。
そう思うと、思わず「よしよし」とハグしてあげたくなります。
(おかげでちっとも家事がはかどらないのですが^^;)

あと、生まれた赤ちゃんが最初に開発される感覚器官は「触覚」で、
それが後の「思考感覚」と「自我感覚」の成長に関わるそうです。
自然分娩の産道を通ることで、最初に触覚が目覚めるので
帝王切開の場合は特に赤ちゃんの肌をさすってあげることが大切だとか。

だから、何よりもスキンシップが大事。
特にこちょこちょ遊びをするのがとてもいいそうです。
息子はベッドの中でこちょこちょ遊びをするのが大好きなのですが、
そういう大切な行為だったとは!

未だにだっこにおっぱいが大好きな息子ですが、
スキンシップで触覚を大事に育んでいると思えば、まだまだがんばろうと思えます。
たまに「おっぱい飲まないで一人でねんねしているよ〜」と一人で寝た振りをしていますが(10秒で起きるけど^^;)、
彼なりに少しずつおっぱい離れのトレーニングをしているのでしょう。

息子を信頼して、成長を見守っていきたいと思います☆

Categories: シュタイナー教育, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 05:46 | 2件のコメント

プレ幼稚園初日。

昨日は東京賢治の学校のネネムクラス(未就園児クラス)の初日。
週に一度こちらに親子で参加することなり、前日から初めてのお弁当作りにドキドキしていました。

小雨の降る中、ベビーカーに息子を乗せて初登園。
先日の説明会で園の雰囲気に少し慣れてきた息子は
最初はもじもじしていたものの、次第に楽しそうに遊び始めました。

先生と親がお話をしている間も、何度も私のところにやってきては
おもちゃを見せてくれてゴキゲンな様子。
ところが、もう一人の先生がおかたづけのそぶりを見せた途端に
「まだ遊ぶ〜!!!」とおもちゃをにぎり締め、真っ赤になって泣き始めました。

すっかりおもちゃや布が片付けられて、先生と親子が輪になって歌い始めても
しかとおもちゃを握ったまま、一人その場に立ち尽くしている息子。
「おいで♪」と声をかけても「イヤ!」の一点張り。

お弁当の時間になって、みんながお弁当を広げてもまだ息子は立ち尽くしたまま。
いくら誘っても「イヤ!」と拒否し続ける息子の姿に、
思わず涙が出てしまいました。

小さな身体で、全身で自分を主張している息子。
こんなに我が強かったっけ?!と戸惑うほどのわがままっぷりに
恥ずかしいやら情けないやら・・・
でもそのいじっぱりな姿がなんともいじらしくて
きっと心の中ではいろいろ感じているんだろうなと思ったら
とても切なくなってきたのです。

結局、みんながお弁当を食べ終わった頃
ようやく息子は「お弁当食べる」と言ってちょこちょこと私の隣にやってきました。

よっぽどお腹が空いていたのか、
食べ始めたらパクパクとあっという間に完食。
一時はどうなることかと思いましたが、
初めて作ったお弁当を残さず食べてくれたのは何よりも嬉しかった!

お弁当の後は先生が作ってくださった小麦粉ねんどでお遊び。
小麦粉ねんどは初めて触ったのですが、
そのあまりの柔らかい感触に感激しました☆
赤ちゃんのほっぺみたいにふんわりしていて、なんとも癒される〜!
子供たちも夢中になってこねこね。
さっきの息子のかたくなさも、ねんどで柔らかくほぐれていくよう。

「この年頃のお子さんには小麦粉ねんどがちょうどいいみたいです。
幼稚園の子供たちだと、もう少し硬いみつろうねんどがいいみたいですが」
と先生。
いやー、このフワフワの心地よさは私にもぴったりです!

作り方は、小麦粉にぬるま湯を混ぜて耳たぶくらいの硬さにこねるだけ。
お好みで食紅などで色づけしてもいいそう。
ちなみにこの日はターメリックを加えた薄黄色のねんどでした。
冷蔵庫で数日保存可能だそうです。

最後に羊毛で作られた人形劇を見せてもらって、お別れの挨拶。
息子は手を引っ込めてしまって先生と握手できなかったけど、
少しずつ慣れていくよね。

帰りはぐずってベビーカーに乗ってくれず、
傘をさして抱っこしながらベビーカーを押して立川駅までたどり着くと、
息子はぐっすりおねんね。

初めての未就園児クラスは、息子の意外な一面をかいま見る、
驚きと戸惑いがないまぜになった濃〜い一日でした。
でもネネムクラスの先生方のあたたかさと落ち着いた雰囲気に救われました。

「いろいろあったけど、ナナちゃんがお弁当を全部食べてくれたのが一番嬉しかったよ。
今度はみんなと一緒に食べようね」と言うと、
息子はうつむきながら「わかってる」と一言。
よーし、来週もお弁当作りがんばろうっと!

Categories: シュタイナー教育, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 15:55 | 3件のコメント

男の子への道のり

以前、野口整体の先生がおっしゃっていました。
「2歳の第一次反抗期は思春期みたいなものだ」と。

自我が育ってくるからこその反抗期と思春期なのだろうな〜とその時は思っていましたが、
現在2歳7ヶ月の息子を見ると、「成長」と「甘え」の構図があまりにも露骨で
私も日々翻弄されています(汗)

特に、普段は家で仕事をしているパートナーが、日中毎日外に出るようになるこの時期は、
甘えられる人が一人減るせいか、急に前とは違ったそぶりを見せるのです。

先日も、
「もうおっぱいいらないから!
一人で眠れるから!
一人で起きて朝ご飯食べるから!」と高らかに宣言した息子。
あまりの成長ぶりに驚いて、
「本当に?!すごい、すごいね!」と涙を流しながら息子を抱きしめていたら
その直後にニコッと笑って「おっぱい♪」とおねだり。
ちょ、ちょっと、さっきの宣言はどこへ行ったの〜!?

お風呂では、いつも髪を洗うのを泣き叫んで嫌がるのに、
昨日はシャンプーをつけた途端「気持ちいい♪」と言って自ら進んですすぎを促し、
「痛くないから。気持ちいいから」と顔を真っ赤にして耐える息子。
「すごいね。成長したんだね!」と感動する私に、
「もう2歳だから。男の子だから!」とキリッとした表情を見せる彼。

でもパートナーが帰ってきた途端、さっきまでの成長した男の子はどこへやら、
いつもの甘えん坊に早変わり。

突然の成長と逆戻りに一喜一憂するも、
この揺れがだんだん小さくなって、ある日突然親離れする日が来ると思うと
ちょっぴり寂しかったりもしたりして。

パートナーは
「2年間ずっと抱っこでおっぱいだったから、親離れは意外とあっさり進むと思うよ」
と言っていますが、果たしてどうでしょう?


最近、写真を撮ろうとすると変顔をするように。これも成長の一環?

Categories: 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 16:30 | 2件のコメント

お砂糖フリーの桜餅♪

ひなまつりの今日、初めて桜餅を作ってみました。

まずは昨日のうちにあんこ作り。
お砂糖の代わりに、刻んだ生デーツを柔らかく煮た小豆に入れて甘みをつけました。

前から生デーツの甘みはあんこに合いそうと思っていましたが、
これが本当にイケます!
ほんのりとした自然な甘みが出て美味しい〜♪

そして今日は桜餅の皮を作ってあんこを巻いてできあがり。
(食紅を入れなかったので、白い皮ですが^^;)
本当は桜の葉の塩漬けが欲しかったのですが、
近くのスーパーに売っていなかったので断念。
でも、柔らかい皮にあんこがマッチして、息子も「オイシ!」とパクパク食べてくれました。

砂糖が入っていないので、少し多めに食べても安心☆
あんこをたくさん作ったので、しばらくは和風のおやつが続きそうです^^

Categories: ナチュラルフード, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 17:13 | コメントはまだありません

サイキック?

2歳半の息子、まだまだイヤイヤ期でなにかと手こずらせてくれるものの、
ことあるごとにとても役に立ってくれています。

熊本に行く前日、大雪で飛行機が飛ばないかも?という時に
「明日、飛行機飛ぶかな?」と聞くと
「ヒコウキ、トブ! アメ、フッテル!」と断言。
実際、雪でなく雨になって、飛行機は無事飛びました。

パートナーが外出から帰ってくる前に、
「今、パパどこにいるかな?」と聞くと
「カミ(髪)、イッパイ!(満員の乗客のことらしい)
キイロイデンシャ、ノッテル!」
と、あたかもその場面を俯瞰したかのような状況描写。

昨日も「パパ、今どうしてる?」と聞いてみたところ、
「クツ、ハイテル!カサ、サシテル!」
と息子が答えて5分くらいしたらパートナーが帰ってきました。
聞くと、雨は降っていなかったけど風が強いので傘をさして帰ってきたとのこと。

うーん、これはもしかしてリモートビューイングができてる?

試しに「今、ママが何の動物を思い描いたかを言ってみて」と、ある動物を念じたところ、
すぐさま「ゾウサン!」と即答。
まさにご名答でした。
(2回目もやってみようとしたけど、もうお遊びに入ってしまってダメでした^^;)

何かあったら息子に聞くのが一番確実!なので、
迷った時や知りたいことがあればいつも息子に聞いています^^

クリスタルチルドレンだからなのか、
このくらいの年齢の子供は皆そうなのか、よくわかりませんが、
息子のサイキック能力、なかなか便利で役立ってくれています☆

Categories: スピリチュアルライフ, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 17:34 | 5件のコメント

赤ちゃんと幼児のための眠る前の祈り

先日、東京賢治の学校主催の「ぽかぽかティールーム」に参加した際に
シュタイナーによる「赤ちゃんのための眠る前の祈り」を教わりました。
まだちゃんとした入眠儀式をしていなかったので、
眠る前にキャンドルを灯してこのお祈りを唱えることにしました。

お祈りの間、息子は静かにこの言葉に聞き入っています。
とても素敵なお祈りなので、ここに書いておきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆赤ちゃんのための眠る前の祈り(大人によって唱えられる)

お前の中に光が流れ込んでいきますように。
私は愛をこめてその光につきそい
この上ない喜びとともに
お前の生命のいとなみを見守ります。
それはお前をすこやかにするでしょう。
それはお前を支えてくれるでしょう。
それはお前の心を明るくしてくれるでしょう。
人生を歩みはじめるお前のために
心からこの私の喜びの気持ちが
お前の生きる意志と結びつきますように。
そしてこの意志がどんなときにも
どんなところでも
自分自身で強く存在し続けることができますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう少し大きいお子さんには、こちらのお祈りもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆自分でお祈りできる幼児のための眠る前の祈り

私の頭も私の足も
神様の姿です。
私は心にも両手にも
神様の働きを感じます。
私が口を開いて話すとき
私は神様の意志に従います。
どんなものの中にも
お母様やお父様や
すべての愛する人の中にも
動物や草花や
木や石の中にも
神様の姿が見えます。
だからこわいものは何もありません。
私のまわりには
愛だけがあるのです。

      『シュタイナー教育を語る』高橋 巌 より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この幼児のためのお祈り、書いていたらなんだか感動してしまいました。
息子は敏感でこわがりなので、こっちも一緒に唱えてあげた方がよさそう!
早速今夜から唱えることにします^^

息子がもう少し大きくなったら、一人でお祈りを唱えることができる日がくるのかな。
まだ実感が湧かないけど、そのときが楽しみです☆

Categories: シュタイナー教育, 子どもとの生活 | 投稿者 arciel | 16:25 | 6件のコメント

バムケロ!

数ヶ月前に『バムとケロのおかいもの』を買って以来、息子のみならずパートナーも私もファンになってしまった「バムとケロ」の絵本。

バムとケロのおかいもの
島田 ゆか
4894232103

先日たまたま本屋さんに立ち寄ったら、バムケロのコーナーができていてびっくり!
新刊『バムとケロのもりのこや』が発売されていたんです☆
しかも、前作からなんと12年ぶりの新刊だそうで、ますますびっくり!
(占星術的には木星が一周した周期なので、今作もファンを増やしそう☆)

バムとケロのもりのこや
島田 ゆか
4894237075

既刊の4冊もずらりと並べてあって、大人買いで全部買っちゃおうか!と思ったけど、
「1冊ずつじっくり味わって読みたい」というパートナーの意見を尊重し、
まずは新刊のみ購入。
読んでみたら、またすぐ他のシリーズも集めたくなっちゃいました。

この絵本の良さは、メインストリーの面白さもさることながら、
小さな脇役たちの行動が何気に面白くて
見るたびに新たな発見があること。
穏やかでおっとりとしたバム、マイペースで食いしん坊のケロちゃん、
しっかり者のソレちゃんなど、キャラクターの個性も際立っていて
みんなとっても愛らしい☆

バムとケロの寝室には、バムケロシリーズの他の本が置かれていたり、
前作からのつながりが見えたりして、
見るたびに生き生きとしたバムとケロの世界に入り込んでしまいます。

たっぷりとした朝食やおやつもこの絵本の大の魅力♪
前作で買ったフライパンを使って、今作ではソレちゃんがパンケーキを焼いてくれました。
なんておいしそう〜!
私もつられてレモンケーキを焼いてみました^^
(甘いもの断ち、今ではすっかり過去のことになってます^^:)

次はまだ冬のうちに、『バムとケロのさむいあさ』を買っちゃおうかな♪

バムとケロのさむいあさ
島田 ゆか
4894231581

Categories: 子どもとの生活, | 投稿者 arciel | 17:04 | コメントはまだありません